ハイエース 買取相場

ハイエースの買取相場が高値で安定している理由

商用ワンボックスバンのハイエースがここまで中古車市場でもてはやされるとはだれも思わなかったことでしょう。

 

ハイエースは、過去から商用車として作られ、そのボディをつかってワンボックスワゴンモデルも作られて、一部の大人数の家族を持つお父さんに買われることになっていました。

 

しかし、ミニバンという概念が日本に入ってきてからは、そのワゴンモデルが切り離され独立し、アルファードやヴェルファイアというワゴンモデル専用のものとなったのです。

 

このことにより、商用モデルとあまり一般的ではない10人乗りワゴン、マイクロバスだけが残され、それを細々と売るという流れになるはずだったのです。これが新車市場においても中古車市場においても大ヒットしてしまいました。

 

ヒットに理由にはいろいろな要因がありますが、一番大きいものといえば海外での中古車需要で、海外で中古車が飛ぶように売れる、中古車が海外に流れやすくなる、日本国内で台数が少なくなる、希少価値がうまれる、それを狙った新車需要が生まれる、こういったことからハイエースは世界的に価値が高く、日本の中古車市場でも安定した高値となっています。

 

うれしいことに海外ではとりあえず走ればいいと言う考え方が強いため、走行距離が延びていても年式が古くなっていても、日本では嫌われる修復歴有り車でも大歓迎で、それによって買取業者などもハイエースの場合はそれほど状態を重要視しない傾向となっています。

 

ただ、海外へ輸出することがメインの商いですので、日本や輸出先国の経済状態や通貨の為替レートなどに大きく左右されるというデメリットもあります。