ハイエースの中古車選び

ハイエースの中古車選びのコツ

中古車でも大人気のハイエースですが、とにかくハイエースは中古車販売価格もかなり高くなっています。

 

時々出てくる一年落ち程度のものとなるとほぼ新車価格と同じぐらいの中古車価格をつけて売っているぐらいです。それが驚くことにすぐに売れてしまうのですからハイエースの中古車人気は相当のものと思われます。

 

日本国内で販売されるハイエースの中古車は意外と状態がいいものが多いのが特徴です。

 

それには理由があって、買取ったハイエースで少しでも状態が悪いとか、過去に大事故を起こしてフレーム修正などを行い修復歴有り車になったようなものは、いくら人気があるといっても日本国内では売れないため、それらをすべて輸出向けのものとして出してしまいます。

 

その時に少しでも気になる点がある場合は、日本で売ってトラブルの火種になるぐらいであれば、海外へ出してしまうものとして扱うことが多いので、日本国内に残る中古車はいいものだけといった形になる傾向があるのです。

 

もちろんほとんどのものは海外へ出してしまうので台数が少なくなりますので、希少性と状態が良いものということで高くなってしまうのです。

 

ただ、状態がいいと言ってもそこは中古車、使い古しですので、ものによって後々故障に結びついてしまうことがありますので、中古車を購入するときは注意が必要です。

 

気をつけたいところはまずはボディ、ハイエースは商用車ですので基本的に扱いは悪いです。

 

キズがついてもへこみがついてもそのままで乗るつづけることが多く、もちろん洗車やワックスがけなどもほとんどされないため塗装面は荒れたい放題に荒れています。

 

下まわりなどに錆が発生していることもありますので、車を見る時は必ず下まわりを覗き込んでまで見る必要があるでしょう。

 

それからエンジン回りですが、ディーゼルエンジンモデルでは排気ガスの清浄化に伴うEGRとDPRにたびたびトラブルが発生しており、中古車においても目で見てそれがわかるわけではないので、EGRやDPRにトラブルを抱えたまま売られていることもあるようです。

 

ディーゼルエンジンモデルを買う時は必ず試乗してエンジンチェックランプやDPRの警告灯が点灯しないかとか、排気ガスの色やにおいを確認する必要があるでしょう。

 

それから足回りですが、商用車ゆえにリヤサスペンションに多大な負担がかかっています。

 

ハイエースではリヤサスペンションにリーフリジットを採用しているので基本的な合成は確保されているのですが、ショックアブソーバーやリーフスプリング自体がコスト削減のために必要最低限の強度しか持っていないので、走行距離によってはショックアブソーバーが抜けていたり、リーフスプリンが傷んでいることもあります。

 

この場合のしっかりと試乗してサスペンションの動きを確認したいところです。