ハイエース 買取

ハイエース買取査定|相場を知って最高額で売る方法

MENU

ハイエースのリセールバリューが高いのはなぜ?

仕事に趣味に大活躍のトヨタ・ハイエース。機能美を追及したデザイン、車体やエンジンの耐久性の高さから世界中で大人気の車です。

 

そして、その人気が非常に高いハイエースのリセールバリューを支えています。年式が古くても、何万キロ走っていても買取価格が下がらない。これはハイエース最大のメリットと言って良いかも知れません。

 

ハイエースの買取相場が高値を維持している最大の理由は海外輸出です。

 

もともと丈夫なハイエースですが、さらに舗装された日本の道路で大切に乗られ状態が良いこともあって、海外では大変な人気があります。

 

日本の中古車市場では新車から10年以上経過していたり、走行距離が10万キロをオーバーすると価値が大幅に下落しますが、そのような使い古されたハイエースでも驚くような高値で海外に輸出されていくのです。

 

投機目的で国内のディーラーで購入した新車のハイエースを、海外に転売して利益を得るバイヤーまで現れる始末で、トヨタ本社が輸出規制をかけるほどです。

 

海外での人気が目立ちますが、もちろん国内でも根強い人気を誇る車種であることは間違いありません。

 

とくにハイエースはモデルチェンジまでの期間が他車に比べて圧倒的に長いため、自分の趣味に合わせて楽しむためのカスタムパーツが非常に豊富なのも特長です。

 

キャンピングカーに改造したり、トランスポーター仕様にしたり、車中泊を楽しんだり、ハイエース専門店も数多く存在しており、アフターマーケットの充実は国内ナンバーワンと言っても過言ではありません。

 

国内の中古車市場におけるハイエースは、高年式、低走行はもちろん、海外輸出では少々人気が下がるガソリン車も、ディーゼルよりも価格が安い等のお得感もあって人気を集めています。

 

このようにハイエースの買取相場は国内と海外のマーケットによって支えられているため、非常に高いリセールバリューが期待出来るオンリーワンの車なのです。

 

人も載せれる、荷物も積める、バイクも自転車も運べる、街乗りも高速も山道も余裕のパワー。燃費も良くて燃料代も安い、4ナンバーだから自動車税も安い。そしてカスタムも楽しめる。

 

そんな理由で私もハイエースのスーパーGL(3.0L ディーゼル)に乗っています。

ハイエースの売却は買取相場を知らないと損をする!

ハイエースを高く売るために気をつけなけれならないのが、買取相場を把握しておくといいうことです。

 

なぜなら、ハイエースの高い買取相場は主に海外輸出に依存している比率が高く、為替や海外情勢や規制によって相場価格が大きく変動するからです。

 

為替が急激な円高になると、他国から見たときの日本のハイエースの価格が高くなるため、取引相場(買取相場)が下がるというようなこと起こります。

 

また、各国の様々な規制により、年式や登録月によって輸出出来なくなったり、エンジン(ガソリン or  ディーゼル)やボディ形状(バン、ワゴン)によって輸出する国が違ったり、低走行よりも過走行の車輌の方が高価になっていたりする場合があります。

 

このように、ハイエースだけで見ても、海外輸出におけるマーケットは日々変化しており、1月前に高かった相場が急落したり、またその逆もあるという状況で、プロでさえも予想が難しいのです。

 

売却するタイミングが一番高く売れるタイミングだと良いのですが、すべてのケースに当てはまるわけではありません。このような場合に備えて国内の相場も調べておくことが重要です。

 

ハイエースは登場から約50年経つ現在でも圧倒的な人気を保ち続けるロングセラーモデルなので、為替の影響を受けやすい海外相場と比較して、国内の中古車相場は高値で安定しており大きく下がらないのも特長です。

 

もし海外輸出の相場が悪いときでも、国内の根強い人気に支えられて、国内の買取相場で高く売れるのが、他車にはないハイエースの強みと言っても良いでしょう。

 

しかし、国内の買取相場も売却する時期(季節)、モデルチェンジやマイナーチェンジの情報、増税や減税等の様々な要因によって変動する可能性は十分にあります。

 

一般的に見れば、車の価値は、その経過年数と走行距離と比例して下がっていきますが、ハイエースの場合は必ずしも当てはまるわけではなく、場合によってはすぐに売らずに乗り続けたほうが良いということも起こり得るのです。

 

つまり、国内と海外の相場を把握しておくことが出来れば、ハイエースを一番高く売れるタイミングもわかるということです。

 

ハイエースの買取相場を知るには、じつはとても簡単な方法で解決出来てしまいます。買取相場を知ってハイエースを一番高く売る方法をご案内します。

ハイエースを最高額で売る方法とは

ハイエースの売却に一番多く選ばれているのが、乗り換えの際のディーラー下取りです。多くの人がディーラーの下取り価格に満足しているようです。

 

しかし、ハイエースの下取り価格が高いのは有名ですが、実際どれくらい高いのか本当の価値を知っている人がどれだけいるのでしょうか?

 

新車でハイエースを購入した場合、納車まで約2、3ヶ月かかるとすると、下取り価格は車輌入れ替え時の売却額を予測して決められます。

 

とくにハイエースの場合は、海外輸出の相場をもとに決められることが多いため、為替リスク等を考えると下取り(買取)価格を低めに見積もることはあっても、高く見積もることは絶対にありません。

 

ではなぜ高いのか?その1つは新しく購入する車の値引き額が含まれている可能性が高いこと。もう1つは他社の査定額としっかり比較出来ていないことが原因です。

 

あなたのハイエースをもっとも高く買取れる可能性があるのは、高く売れる国、グレードやオプション、リアルタイムの相場を把握している輸出業者かも知れません。

 

もし、比較的新しくて走行距離も短めだったり、ガソリン車であれば、全国の業者オークションのリアルタイムの取引相場を把握している買取専門店が一番高い査定額を提示出来るでしょう。

 

さらに、キャンピングカー仕様やカスタムしているハイエースなら、買取専門店よりも次の顧客に直販が出来るハイエースの専門店の方が高価買取出来るでしょう。

 

つまり、その買取(下取り)価格が最高額なのかは、それぞれに強みを持った買取業者の査定を受けてみなければ分からないのです。

 

ハイエースの買取相場を知りたい。ハイエースを最高額で売却したい。この2つの要望を簡単に満たすのが無料一括査定です。

 

無料一括査定には、ガリバーやT-UP等の有名店から、ハイエースの専門店、輸出買取専門店、全国200社以上の査定会社が加盟しており、全ての会社が出張査定に対応しています。

 

このサービスの特長は、査定会社最大30社が競合することが分かっているため、わずらわしい交渉をすることなく最初から一発回答で最高額がわかるという点です。

 

ハイエースの年式、走行距離、グレード等、約1分程度の項目入力だけで、ハイエースの買取を強化している会社に一括で査定依頼が送れるので、すぐに売りたい場合でも、買取相場を知りたい場合でも気軽に利用出来ます。

 

高価買取が出来る会社は必ずしも有名店とは限りません。とくに輸出専門店のような個人規模の小さな会社が驚くような査定額を出してくれることも珍しくないのです。

 

このような隠れた名店が見つけられるのも無料一括査定を利用するメリットかも知れません。

【最新版】ハイエースが最高額で売れる無料一括査定ランキング

カービュー愛車買取無料査定

カービュー

参加する査定会社数、利用者数ともに圧倒的No.1の国内最大の無料一括査定サイト

 

中古車の海外輸出サイト「トレードカービュー 」に参加する多数の輸出専門店に査定してもらえるため、海外向けのハイエースは他の一括査定を圧倒する高額査定が期待出来ます。

 

1分程度の簡単な情報入力のみでハイエースの最高額がわかるため、「高く売りたい」「買取相場を知りたい」どんな時でも気軽に使えるのが人気の理由です。

 

無料一括査定はこちら

ズバット車買取比較

ウェブクルー

200社以上の車買取業者の中から最大10社へ査定依頼が出来る無料一括査定サイト。

 

ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど大手有名店、地域密着型の中古車販売店、専門店など200社以上が参加しているので、どんなハイエースでも高価買取が可能です。

 

カスタマーサポートも充実しており、利用者数も100万人を突破している人気サイトなので安心してご利用頂けます。

 

無料一括査定はこちら

カーセンサー簡単ネット車査定

リクルート

中古車販売店やハイエース専門店が多数参加している中古車情報誌カーセンサーが運営する無料一括査定サイト。

 

主に買取専門店、中古車販売店が多いため高年式、低走行など国内向けのハイエースの査定におすすめ

 

また、買取専門店などで査定額が低くなりがちな改造車であっても、ハイエース専門店で査定をしてもらうことで買取価格が大幅にアップすることは珍しくありません。

 

無料一括査定はこちら

ハイエースの買取価格が高くなるポイント

ガソリンとディーゼルどっちが高く売れる?

購入価格はディーゼル車が高いですが、売るときのことを考えると、ガソリン車のリセールバリューを上回ります。

 

日本ではほとんど見かけませんが、海外では走行30万キロ、40万キロ超えのハイエースが当たり前です。何十万キロ走っても故障しないエンジンの耐久性が必要とされているのです。

 

もしディーゼルかガソリンか迷ったら、とりあえずディーゼルを買っておくのも賢い選択です。

ボロボロでも買取してもらえる?

ハイエースの海外での人気は毎年ワースト1、2位を記録している盗難件数が証明しています。盗難されたハイエースはパーツにバラされて国外に運ばれていくと言われています。

 

世界中で乗られているハイエースは、交換や修理のためのパーツ需要も絶えずあります。したがって、ボロボロのハイエースでも、どこかしら使える部品があればお金になるのです。

 

普通の車なら廃車でも、ハイエースなら思わぬ高価買取のチャンスがあります。

低年式、過走行、修復歴ありでも高く売れる?

同じくハイエースも海外で主に商用に使われるため、年式が古くて型落ちでも、過走行でも買取価格が落ちないという珍しい車です。

 

普通乗用車なら大きな減額対象となる修復歴(事故歴)や、大きなキズやヘコミがあっても、買取価格にあまり影響がありせん。

ボディカラーは何が良い?

高く売れるカラー海外向けのグレードやオプション、ボディカラーで買取価格に大きな影響を与える場合があります。

 

リセールを考えるなら国内外問わずホワイト(パール系)かブラックです。原色系やシルバーはあまり人気がないようです。

 

ボディカラーの違いで数十万円の差が出ることは珍しくないようです。

プラス査定になるグレードやオプションは?

買うときにあまり価格差がなかったオプションでも、売るときには、付いているのと付いていないので、買取価格に大きな差が出る場合があります。

 

例えば、「両側パワースライドドアがないと海外に出ない」や「純正アルミがプラス査定」、「4WDはリセールが低い」等です。

 

また、同じハイエースでもワゴンとバン、標準ボディとワイドボディ、乗車定員、荷台の形状などによって異なります。これは査定をしてみないと分かりません。

 

少々高価なオプションでも付けておいた方が、売るときにお得になる場合があります。

改造車でも高価買取出来る?

カスタムされたハイエースは主に国内の中古車市場が基準になります。その内容によって査定額は大きく変動します。

 

カスタムの内容がわからない買取専門店等は基本的にマイナス査定。その点、ハイエース専門店はものによってはプラス査定できる強みがあります。

 

また、一般的にカスタムはかけた費用分が査定で評価されることは稀ですが、一部のカスタム(モデリスタエアロやアルミホイール)は国内だけでなく、海外でも人気があるようで相場が跳ね上がるため高く売れることがあります。